海外情勢

テスラが「モデル3」の20%以上値下げを検討 減速の中国で購入喚起

 電気自動車(EV)メーカー、米テスラは中国で生産するセダン「モデル3」の価格を今年、20%以上引き下げることを検討している。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。世界最大のEV市場が減速する中で購入を喚起する。

 情報が公になっていないとして匿名を条件に話した関係者によると、テスラはより多くの現地の部品を使うことでコスト削減を目指している。上海の新工場で組み立てられ、35万5800元(約550万円)からとなるモデル3の価格は、今年後半から引き下げられる見込みだという。

 値下げ幅や時期は市場環境次第で変わる可能性もあると関係者は話した。テスラの中国担当者はコメントを控えた。(ブルームバーグ Chunying Zhang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus