株価・外為

東京原油、供給不安で急騰 金先物は過去最高値更新

 8日午前の東京商品取引所で中東産原油の先物価格が急騰した。指標価格は一時、1キロリットル当たりで前日の清算値(株価終値に相当)と比べて2400円高い4万5320円を付け、約7カ月半ぶりの高値を付けた。イランがイラク国内の米軍が駐留する基地へのミサイル攻撃に動き、中東情勢混迷で原油供給が滞りかねないと不安視された。

 金先物は有事の安全資産と見なされて買い注文が膨らんだ。指標価格は一時、1グラム当たりで前日清算値比121円高の5574円に達し、1月6日に記録していた過去最高値を更新した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus