国内

小泉環境相、育休取得表明「空気を変えていく」

 小泉進次郎環境相は15日午前、環境省で開いた会議で「育児休業」を取得する考えを表明した。月内に予定している第1子の誕生後の3カ月間で職員の勤務時間の2週間分を育児に充てる。職員の働き方改革などを議論する「選択と集中」実行本部で明らかにした。

 小泉氏は「テレワーク」や短時間勤務などを活用しつつ、一部の公務は小泉氏の代わりに副大臣や政務官が務める。国会や閣議には小泉氏が出席する。閣僚の小泉氏が率先して育児のために休みをとることで、職員が育児休業の取得にためらわない雰囲気づくりを狙う。

 小泉氏は会合で「公務を全うしながら、どのような形で(育児休業を)取得するのか悩んだが、制度だけではなく、空気を変えないと、取得する公務員も増えていかない」と意義を強調した。小泉氏は閣僚就任前の昨年8月末に育休取得の検討を表明していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus