海外情勢

「中国、世界の人権攻撃」HRW代表が批判

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)のケネス・ロス代表が14日、米ニューヨークの国連本部で記者会見し、中国が「人権を擁護する国際社会の取り組みに激しい攻撃を仕掛けている」と批判した。2020年版の世界の人権状況に関する報告書の発表に合わせて語った。

 記者会見の終了直前、会場に潜り込んでいた中国国連代表部の1等書記官が発言を求め「報告書には偏見と作り話が含まれ、事実を無視している。全ての内容を断固拒否する」と述べた。

 ロス氏は報告書を香港で発表する予定だったが、香港国際空港で12日、入管当局に入境を拒否され、国連本部で会見した。

 ロス氏は香港や新疆ウイグル自治区を例示し、中国の習近平国家主席が過去数十年間で最も厳しい圧政を敷いていると指摘し「経済的、外交的影響力を使って国外の批判的な声を黙らせようとしている」と強調した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus