海外情勢

19年中国輸出額は0.5%増 輸入前年割れ、対米貿易は減少

 中国税関総署が14日発表した2019年通年の貿易統計(ドルベース)によると、輸出総額は世界的な需要の高まりを受け増加したものの、米中貿易戦争のあおりで対米貿易は減った。

 19年輸出は前年比0.5%増えた。輸入は2.8%減。この結果、年間貿易黒字は4215億ドル(約46兆4000億円)となった。人民元ベースでの年間輸出は5%増加、輸入は1.6%増えた。貿易黒字は2兆9200億元に膨らんだ。

 19年の対米貿易額は元ベースで11%近く減少。中国の貿易相手国・地域のトップは引き続き欧州連合(EU)で、米国は東南アジア諸国連合(ASEAN)に抜かれ3位に後退した。

 税関総署のウェブサイトに掲載されたドルベースの19年対米貿易黒字は2958億ドル。昨年12月の対米輸出は344億ドル、米国からの輸入は112億ドル。ブルームバーグのまとめによれば、同月の対米貿易黒字は232億ドルだった。

 税関総署の発表によると、昨年12月の輸出(元建て)は前年同月比9.0%増(市場予想は2.9%増)、輸入は17.7%増(同8.6%増)。中国政府は19年の国内総生産(GDP)成長率を17日に発表する予定。国家統計局の寧吉●局長は先週末、中国は目標の6~6.5%成長を達成すると述べた。(ブルームバーグ Miao Han)

●=吉を2つヨコに並べる

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus