海外情勢

ボーイング、民間機の納入数首位陥落 2019年は半減、8年ぶりに逃す

 米航空機大手ボーイングは14日、2019年の民間機の納入数が前年比53%減の380機だったと発表した。2度の墜落事故を起こした主力機「737MAX」の出荷停止が響き、11年以来、8年ぶりに世界首位の座から陥落した。

 首位を奪還したのはライバルである欧州のエアバスで、8%増の863機だった。キャンセルや変更を反映した受注数も、エアバスがボーイングを大幅に上回っている。

 737MAXは運航再開に必要な当局からの承認取得にめどが立っておらず、今月から生産を停止している。エアバスは格安航空会社(LCC)が多く導入する主力機「A320」の需要が強く、独走が続く可能性がある。

 737MAXをめぐっては、18年10月にインドネシア沖で、19年3月にはエチオピアで墜落事故が発生した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus