株価・外為

ガソリン151円突破、10週連続上昇 1年1か月ぶりの高値

 経済産業省が16日発表した14日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、6日の前回調査と比べて1円高い151円10銭で、10週連続の値上がりとなった。151円を超える高値水準は平成30年12月以来、1年1カ月ぶり。

 原油国際相場は、昨年12月の石油輸出国機構(OPEC)の減産目標の引き上げに加え、米中両国が貿易協議で合意したことによる景気の先行き懸念後退で上昇基調にあった。

 調査した石油情報センターによると、この状況に、今年に入っての中東での緊張激化が加わったため、ガソリン価格も上昇したという。来週も引き続き上昇傾向にあると予測している。

 灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり1698円。前回調査から13円の上昇となり、5週連続の値上がり。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus