海外情勢

特許侵害で11億ドル賠償命令 アップルとブロードコムは不服表明

 米アップルとブロードコムがカリフォルニア工科大学のWi-Fi(ワイファイ)テクノロジー特許を侵害したとして訴えられていた裁判で、ロサンゼルスの連邦地裁で両社に対し損害賠償として計約11億ドル(約1200億円)の支払いを命じる陪審評決が下された。

 同大の弁護士によると、賠償金はアップルが8億3780万ドル、ブロードコムが2億7020万ドル。

 アップルとブロードコムは評決を不服として上訴する方針をそれぞれ表明。ブロードコムは評決の法的根拠は受け入れられないとしている。

 カリフォルニア工科大はアップル製品に使われているブロードコムのWi-Fiチップが特許を侵害しているとして、2016年に訴訟を起こした。

 該当するアップル製品には「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」「iPod(アイポッド)」などが含まれる。

 アップルとブロードコムは特許侵害を否定し、たとえ侵害していたとしても巨額の損害賠償には当たらないと主張していた。(ブルームバーグ Edvard Pettersson、Susan Decker)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus