海外情勢

新型肺炎対応で武漢副市長らを行政指導

ラヂオプレス

 中国新聞社によると、湖北省武漢市の新型肺炎患者への対応をめぐり、孫春蘭・副首相の率いる中央指導グループはこのほど、同市の副市長ら3人に対して緊急で行政指導を行い、関連の区政府などに対し、患者一人一人におわびするよう要求した。同市では9日、患者移送に際し武昌区の業務が遅れ組織が混乱し、長時間待たされた重症患者が情緒不安定になる事案が起きた。国務院(内閣)の高雨・副秘書長・弁公庁督査室主任は「上級への書面で深く自己批判しなければならない」と言明。行政指導を受けた武昌区の余松・区長は「必ず深く反省する」と述べた。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus