海外情勢

中国 新型コロナでネット規制 政府批判など11種類の情報発信禁止

 中国政府はこのほど、「良好なインターネット環境をつくり出す」管理規定を施行した。インターネット上の情報発信で習近平国家主席の思想の宣伝を奨励し、「国家の安全」に危害を加える内容などを禁止。「自然災害や重大事故への適切でない評論」も取り締まるとしており、新型コロナウイルス感染に関する批判的、検証的な情報は一層制限されるとみられる。

 1日付の施行を報じた2日の共産党機関紙、人民日報系の環球時報(英語版)は、新型肺炎との「国家的な闘い」に際して、ネット上の誤った情報や流言が国家統治を危険にさらしていると批判した。初動の遅れが指摘される新型肺炎をめぐっては、一部のネットメディアなどが積極的な調査報道を続けているが、当局は情報を削除して締め付けを強めている。

 規定は、共産党理論の宣伝や、「人民の偉大な奮闘を反映した」内容をネット上で伝えるよう奨励。国家の栄誉や利益を傷つけたり「革命の英雄」を否定したりする11種類の情報発信を禁じた。(北京 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus