海外情勢

中国・武漢、新型コロナでの封鎖解除へ 企業活動の再開急ぐ

 【北京=三塚聖平】中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)を受けて同省武漢市で実施していた封鎖措置を4月8日に解除すると発表した。1月23日に封鎖措置を始めてから2カ月での解除判断となった。感染がピークを過ぎたと判断し、企業活動の再開を急ぐ方針とみられる。

 発表によると、4月8日午前0時(日本時間同1時)から武漢市と市外を結ぶ道路の封鎖を解く。湖北省による健康証明で問題がなければ市外への移動が可能になる。これに先立ち、今月25日から武漢を除く同省各地で封鎖を解除する。

 湖北省政府は「疾病による損失を最小限にし、全省の経済・社会の発展が一日も早く正常な軌道に戻るよう努力する」と強調した。

 国家衛生健康委員会によると、武漢では19日の発表分から5日連続で新たな感染者が0人だった。24日の発表では1人増えたが、メディアは感染者が大幅に減ったとアピールしている。

 一方、中国のニュースサイト「財新網」は23日、武漢で無症状の感染者が「毎日数人から十数人確認されている」という当局者の証言を報じた。中国政府は無症状者は感染者に含めないという方針を発表しているが、実質的には今も新たな感染者が出ている形だ。

 情報公開に対する不信感を意識してか、23日に開かれた李克強首相がトップの新型コロナに関する会議は「透明性が高い情報公開を行い、嘘の報告や報告漏れを禁じる」と関係機関に指示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus