国内

20年の世界成長率1.5%減 日本はマイナス2.6% IIF予測

 世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)は23日、2020年の世界全体の実質経済成長率がマイナス1.5%と、金融危機後の09年以来、11年ぶりのマイナスになるとの予測を発表した。日米欧が軒並みマイナス成長に転落する。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で経済活動が停滞しており、原油価格の急落も響く。

 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事も23日、世界が今年はマイナス成長になるとの見通しを示し「景気後退は少なくとも金融危機と同程度か、さらに悪化する可能性もある」と危機感を表明した。

 IIFは20年の先進国の成長率をマイナス3.3%と予想。日本は19年の0.9%からマイナス2.6%に落ち込むと見込む。感染が急激に広がる米欧も厳しく、米国がマイナス2.8%、ユーロ圏はマイナス4.7%と予測し、IIFは「米欧はともに既に景気後退に入っている」と分析した。

 新興国の成長率は1.1%と見込んだ。中国が2.8%、インドも2.9%と大幅に減速。ブラジルやロシアの成長率もマイナスになる見通し。

 IMFは今年の成長率が昨年を下回ると見込んでいたが、さらに下方修正。ゲオルギエワ氏は「景気への打撃は深刻だ」と訴えた。感染を早く抑え込めれば「景気はより早くて強い回復を見込める」と述べ、拡大防止策の重要性を強調した。

 また、投資家が新興国市場から830億ドル(約9兆2000億円)もの資金を引き揚げたと指摘し「新興国が重大な困難に直面している」と訴えた。IMFは危機対応策として1兆ドルの融資能力があるとも強調した。(ワシントン 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus