海外情勢

ソニー異例の公開11日後にスピード配信 映画「ブラッドショット」 

 大手映画館チェーンが相次ぎ休館を決める中、ソニーはアクション映画「ブラッドショット」のネット配信を月内に開始する。劇場公開から異例のスピード配信となる。

 ソニー・ピクチャーズの発表によると、ヴィン・ディーゼル主演の同作品がオンライン視聴可能になるのは24日で、料金は19.99ドル(約2200円)。通常のネット配信開始は劇場公開から2カ月以上先だが、今回はわずか11日後だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大が、映画業界に大きな変化をもたらしている。さらなる感染拡大を防ぐため米国内の大半の映画館が無期限休業となり、作品の制作やマーケティングに巨額を投じる映画館チェーンや映画制作会社を圧迫。問題はこうした変化がずっと続くのかどうかだ。

 ソニーは今回の決定について、劇場閉鎖に伴う1回限りの措置だとしている。ただ同社に先立ち、米コムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズも、「トロールズ ミュージック☆パワー(邦題)」の劇場公開日に合わせて同作品のネット配信を開始すると発表していた。(ブルームバーグ Kelly Gilblom)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus