株価・外為

東証一時、1000円超安

 26日の東京株式市場で日経平均株価(225種)は大幅反落し、下げ幅は午後に一時、1000円を超えて節目の1万9000円を割り込んだ。東京都内で新型コロナウイルス感染者が急増し、小池百合子知事が今週末の外出自粛を要請したことが市場の不安材料になった。

 小池氏は25日夜の記者会見で「オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重大局面」と強調した。26日の東京株式市場では、都内で事態が一段と悪化すれば経済活動のさらなる停滞は避けられないとの見方が広がり、朝方から売り注文が先行した。

 外出自粛要請に伴い、特に小売りや外食各社の業績の先行きに不透明感が強まった。前日の平均株価の終値上げ幅は1400円超と歴代5位の大きさだったが、26日は一転して警戒感から値下がりした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus