国内

五輪延期で「ヒト、モノ、カネ…全てが仕切り直し」 ホストタウンの埼玉

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って東京五輪・パラリンピックの延期が決定し、ホストタウンを務める自治体に戸惑いが広がっている。4競技の会場を擁する埼玉県では19市町がホストタウンに登録されており、これまで大会に向けて準備を重ねてきた。選手のために確保したバスなどの予約、さまざまな交流事業の計画…。見直しを迫られる案件は山積している。

 「ヒト、モノ、カネ…。全てが仕切り直しだ」

 大会の延期決定に所沢市の担当者は動揺を隠せない。

 同市は平成29年にイタリアのホストタウンに登録され、今年7~8月に市内で選手団の事前キャンプを予定していた。期間中の選手らの移動手段としてすでにバス会社との契約を終えているが、市の担当者は「延期された時期に都合よくバスが空いているとはかぎらない。先が全く見えず、課題は山積している」と肩を落とす。

 県内で最初にホストタウンに登録された三郷市の担当者は「ゴールがないと準備を整えづらい。一刻も早く実施時期を明確にしてほしい」と語る。同市はギリシャのホストタウンで、事前キャンプ中に同国選手団と市内の子供たちの交流事業を計画していたが、延期に伴い、時期や実施内容を検討し直すという。

 ブータン陸上チームのホストタウンになっている寄居町の担当者も「どの時期まで延期するか分からないので、方針が決められない」と困惑を隠せない。宿泊するホテルや練習場所の確保に入ろうとした矢先に延期が決まり、今後の予定は白紙だという。

 町は、ブータン五輪委員会のスポーツ親善大使を務める元陸上競技選手、為末大さんの助力を受け、ホストタウンとして交流を重ねてきた。28年には同国のジゲル・ウゲン・ワンチュク王子が訪問、昨年夏には選手たちが町内で練習した。ブータンの人に寄居町を知ってもらおうと、同国の公用語・ゾンカ語のガイドマップを2千部用意し、国内のブータン友好団体などにも提供してきた。町を挙げた機運醸成の取り組みに水を差された格好だ。

 一方で延期を好意的に受け止める自治体もある。

 アルジェリアのホストタウンの北本市は、ゴールボールや車いすバスケットボールなどパラ4競技の事前キャンプ地となっている。

 市の担当者は「パラ選手は、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化リスクが高い。感染収束の見通しが立たない現状を考えると、延期は適切な判断ではないか」と評価した。

(竹之内秀介、内田優作)

 聖火ランナー安堵「1年先でも走れる」

 東京五輪・パラリンピックの開催延期に伴う聖火ランナーの扱いについて、大会組織委員会が内定者に優先的に走ってもらう方針を示したことで、埼玉県内のランナーからは25日、安堵(あんど)の声が聞かれた。

 1964年東京五輪の聖火台を作り上げた職人一家の四男で、県内の聖火ランナー第1走者に決まっている鈴木昭重さん(85)=川口市=は「中止の可能性があり、心配していたが、延期と決まり、ほっとしている。年齢も年齢なので、無理せずに体を作って臨みたい」と意気込んだ。

 オリンピアンの父を持つ陸上競技長距離選手、浦田優斗さん(17)=狭山市=は「大きなイベントが相次いで中止になり、走れるかどうか不安だった。午後に組織委から『1年先でも走る権利がある』というメールが届いて、走れると思いうれしかった」と喜んだ。

 高校教諭の嶋先麻美さん(40)=春日部市=は「新型コロナウイルスが早く終息して、みんなが安心して聖火リレーに参加できる環境になってほしい」と話した。

 組織委はリレーのルートについても現状維持の姿勢を示しており、県の担当者は「われわれもその考えに沿いたい」と話している。(黄金崎元)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus