海外情勢

「症例ゼロ」強調は「予防・抑制に不利」

ラヂオプレス

 中国新聞社によると、湖北省武漢市の(新型コロナウイルスの)流行状況分析グループの羅会明・グループ長はこのほど、中国新聞社記者の単独インタビューに応じ、新型コロナによる肺炎について「報告ゼロは症例ゼロと同じではなく、症例ゼロもリスクゼロと同じではない」と述べた。中国国家衛生健康委員会疾病予防・抑制局の雷正竜・副局長も記者に対し、「なおも無症状の感染者ら潜在的感染源の存在があるかもしれないということは必ずや認めなければならない」と指摘した。羅氏はまた、「流行状況を『ゼロに戻す』ことに対する社会の差し迫った期待は理解できる。しかし、時として『症例ゼロ、死亡ゼロ』をひたすら強調することは、科学的な予防・抑制にとって不利となる」と語った。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus