海外情勢

FRB融資は4.5兆ドル規模 無限の資産買い入れてこ入れ

 米上院で可決した新型コロナウイルス景気対策法案の成立により連邦準備制度理事会(FRB)が信用フローの維持と米企業への直接融資に使うことができる額は最大4兆5000億ドル(約500兆円)に膨らむ。

 超党派で合意し上下両院の承認とトランプ大統領の署名を待つ状態にある景気対策法案では、米経済支援に向けたFRBの緊急措置を米財務省が支える資金として4540億ドルを計上。FRBは財務省と連携してこの資金で社債や短期の州・地方債市場を支えるほか、大企業や中規模企業への直接融資も行う。

 通常、FRBの貸付制度には貸し倒れに備え財務省から10%程度の損失吸収クッションが必要。それに基づけば、同省からの1ドルでFRBによる10ドルの融資を保証することになる。

 トゥーミー上院議員(共和)は25日の電話会見で記者団に対し「これは極めて大きく、前例のないことだ」と述べ、FRBの無限の資産買い入れをてこ入れする機会だと付け加えた。

 同議員の発言は、この新たな資金でFRBの貸付制度を拡充し、現在4兆7000億ドルのFRBのバランスシートが必要に応じ事実上倍増する可能性を示唆する。ムニューシン財務長官は22日、景気対策法案が成立すれば、最高4兆ドルの流動性が供給されると述べていた。(ブルームバーグ Craig Torres)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus