国内

首相記者会見全文(2)「密閉・密集・密接を避けて」「戦いは長期戦覚悟」

 「国民の皆さんにも、不要不急の渡航の自粛をお願いいたします。そして集団による感染のリスクを下げるため、いわゆる三つの条件をできるだけ避ける行動を改めてお願いいたします。第一に換気の悪い密閉空間、第二に、人が密集している場所、そして第三に、近距離での密接な会話、密閉密集密接、この三つの密を避ける行動をお願いします。

 新学期からの学校再開にあたり、今週、文部科学省がガイドラインをお示ししました。教室の窓を開けて換気を徹底するなど、三つの条件を回避する対策をそれぞれの教育現場で徹底的に講じていただくことで子供たちの感染防止に万全を期す考えです。再開にあたっては、来週にも、もう一度、専門家(会議の)会合を開き、専門的な見地からご意見を伺う考えです。

 専門家の皆さんが、瀬戸際だという見解を示してから、1カ月余りがたちました。この間、三つの条件のように、わかってきたこともありますが、大規模イベントの中止・延期、規模縮小等を要請するなど、国民の皆さまには大変なご苦労をお願いしてまいりました。ご協力に心から感謝申し上げます。

 中にはこの1カ月でいわばコロナ疲れ、自粛疲れとも呼ぶべきストレスを感じておられる方も多いかもしれません。しかし、オーバーシュート(爆発的患者急増)が発生した欧米各国では、都市を封鎖したり、強制的な外出禁止、生活必需品以外の店舗封鎖など、強硬な措置を講じざるを得なくなっています。現在、大変ご不便をおかけをしていますが、それは、一層厳しい、このような強硬措置を回避するためのものであることをまずご理解いただきたいと思います。

 繰り返しになりますが、日本は欧米とは異なって、現状ではまだギリギリ持ちこたえています。しかしそれ故に少しでも気を緩めれば、いつ急拡大しても、おかしくない、幸いオーバーシュートを回避できたとしても、それはまさに、水際の状態がある程度の長期に渡って続くことを意味します。この戦いは長期戦を覚悟していただく必要がある。そのことを率直に申し上げ、感染拡大の防止に引き続き、国民の皆さまのご協力を賜りますよう、お願いいたします。

 政府としても1日も早く皆さんの不安を解消できるよう、有効な治療薬やワクチンの開発を世界の英知を結集して、加速してまいります。先般、テレビ電話で実施されたG7サミットでも、G20サミットでもそのことを強く主張し、世界の首脳たちから賛同を得ました。

 わが国では、4つの薬について、すでに観察研究としての投与を開始しています。このうち新型インフルエンザの治療薬として承認を受け、副作用なども判明しているアビガンについては、これまで数十例で投与が行われています。ウイルスの増殖を防ぐ薬であり、すでに症状の改善に効果が出ているとの報告もあります」

=(3)に続く

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus