国内

緊急事態宣言発出には慎重 菅官房長官「ぎりぎりの状態」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日午前の記者会見で、緊急事態宣言の発出に関し「ギリギリの状態との認識だ。今まさに国内の急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期で、政府としては自治体とこれまで以上に緊密に連携し感染拡大の防止に全力で取り組む」と重ねて述べた。

 また、菅氏は現在の外出自粛要請などは「一層厳しいこのような(緊急事態宣言やロックダウンといった)強行措置を回避するためのものであることをご理解いただきたい」と説明し、緊急事態宣言の発出には慎重な姿勢を改めて示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus