国内

「潜伏期間を考慮すると1カ月必要」 首相出席の衆参議院運営委のやりとり

 7日の衆参両院の議院運営委員会での主なやり取りは次の通り。

 【緊急事態宣言】

 岸信夫氏(自民)「なぜ1カ月程度の期間を目安としたのか」

 安倍晋三首相「外出自粛などの効果を確認するには潜伏期間なども考慮すると1カ月は必要だ。専門家の意見を聞いて定めた」

 玉木雄一郎氏(国民民主)「JRや地下鉄の減便は行われるのか。理美容室やホームセンターはどうなるのか」

 首相「社会経済機能への影響を最小限にとどめる方針で、事業者に減便を要請することは考えていない」

 西村康稔経済再生担当相「(理美容室などは)いずれも国民生活を営む上で必要だ。継続して事業ができるように考えている」

 【検査態勢の強化】

 枝野幸男氏(立憲民主)「医師が必要性を指摘しても重症化するまでPCR検査を受けられなかったという声が少なくない」

 首相「検査態勢の1日2万件への倍増や保健所の体制整備で、クラスター(感染集団)対策を抜本的に強化していく」

 【選挙の延期】

 東徹氏(維新)「感染拡大防止のため選挙は延期すべきだ」

 首相「選挙は民主主義の根幹をなすもので、不要不急の外出にはあたらない。投票所の感染防止対策の徹底や投票所に人が集中することを避ける取り組みを要請している。滞りなく執行できるよう努めたい」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus