7日の東京株

373円高 NY株急伸受け一時1万9000円台回復

 7日の東京株式市場の日経平均株価は3営業日続伸した。欧米で新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかかることへの期待を背景とした買い注文が優勢となり、終値は前日比373円88銭高の1万8950円18銭と、約1週間ぶりの高値を付けた。

 前日のニューヨーク市場は、欧米での感染拡大ペースの鈍化を見越した買い注文が膨らみ、ダウ工業株30種平均が急伸。7日の東京市場の平均株価も一時1万9000円台を回復し、600円近く上げる場面もあった。

 その後は短期的な利益を確定する売り注文も出て失速。東京や大阪、福岡など7都府県を対象地域とする日本での緊急事態宣言発令を控え、前日終値を下回って推移する時間帯もあった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus