国内

東京都、軽症者100人程度移送へ

 東京都は7日、無症状や軽症の新型コロナウイルス感染者を入院先から、都が借り上げた中央区内のホテルに移り療養や健康観察を受けてもらう取り組みを始めた。病床を症状の重い感染者優先にし、医療崩壊を防ぐ狙いがある。このホテルに移動するのは100人程度を見込む。小池百合子知事は、最終的に宿泊施設の1000室確保を目指す考えを示している。

 中央区の「東横イン東京駅新大橋前」には午後3時15分ごろ、「患者等移送車」と書かれたワゴン車が到着。感染者とみられる2人が荷物を持って、ホテルに入った。車の運転手は白い防護服姿だった。

 都によると、ホテルへの移動対象は24時間以内に37.5度以上の発熱がない感染者。移送や食事、滞在などの費用は公費で賄う。ホテルには都職員や看護師が交代で常駐し、日中は医師も待機する。職員らと感染者は接触しないようエレベーターや通路を使い分ける。

 7日朝、ホテルでは災害派遣要請を受けた陸上自衛隊員が、ビニール手袋などを運び込み準備を進めた。都の岡本香織医療体制整備担当課長は「きちんと健康管理し、できるだけ快適に過ごしていただけるようお手伝いしたい」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus