海外情勢

NY死者、1日で700人超 増加数は過去最大に

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国の新型コロナウイルス感染による死者が6日、1万人を超え、約1万1000人となった。感染者は約37万人に上った。米国で感染者が集中する東部ニューヨーク州のクオモ知事は7日、新型ウイルスによる州内の死者が前日から731人増加し5489人になったと明らかにした。1日の死者増加数としては過去最大。

 クオモ知事は同日、州民の外出制限を今月29日まで延長すると発表した。

 米国では死者数がピークを迎える恐れのある「最も厳しい数週間」(トランプ大統領)を迎えた。政権対策チームが採用する米ワシントン大の研究機関の推計によると、全米で1日当たりの死者数の増加は16日にピークを迎え、3130人に達する見通し。最終的な死者数は8月上旬までに8万1000人を超えるとしている。(ニューヨーク、ワシントン 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus