国内

安倍首相「一致でき良かった」 政府・都の休業要請合意明かす

 安倍晋三首相は10日午前、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令をめぐる休業要請の対象施設に関し、政府と東京都の調整について「お互いに一致できたことは本当に良かった」と述べ、合意したことを明らかにした。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 小池百合子都知事は同日午後に記者会見し、詳細を公表する予定。

 休業要請の対象施設をめぐっては、西村康稔経済再生担当相と小池知事との調整が難航していたが、首相は「感染拡大の収束のため、できることは全て行う、一日も早くみんなで笑って語り合える日を迎える、この思いは国も都も全く同じだ」と強調した。

 首相は国民に向け、「テレワークなどの努力で人と人との接触の機会を減らしていただいている」と謝意を示した。その上で「夜の街も人出が減ってきたが、もう一歩の努力が必要だ。お互いの命を守るために協力をお願いしたい」と改めて呼びかけた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus