国内

厚労省、回収する布マスクは妊婦・福祉施設向け 納入元にチェック要請

 新型コロナウイルスの感染防止策として政府が配る布マスクに汚れがあった問題で、厚生労働省は24日、納入元の興和(名古屋市)と伊藤忠商事が回収する未配布のマスクは、妊婦向けと高齢者施設などの福祉施設向けと明らかにした。加藤勝信厚労相は閣議後の記者会見で「納入した企業には衛生面を含め、引き続きしっかりチェックするよう要請していきたい」と述べた。

 厚労省は「これから詳細を確認する」としている。

 布マスクを巡っては、興和と伊藤忠が23日、マスクの未配布分を全て回収することや、検品体制を通常よりも強化する方針を発表した。納入の経緯についても説明し、興和は「政府からの要請のもと、海外の協力工場を活用した緊急生産を推進した」とコメント。伊藤忠は「国家の緊急事態で、感染拡大防止の一助と考えた」とした。

 伊藤忠は「政府が国内マスクメーカーに生産要請をしたものの、必要とする数量に対して十分な量を賄うことができなかった」と指摘した。

 汚れなどの不良品は妊婦への配布分で相次ぎ発覚。その後、全世帯用でも配布前の確認作業で見つかっていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus