よむベトナムトレンド

拡大する健康食品市場 健康が「国民の関心」1位に (1/2ページ)

 健康食品市場は、急速に成長している市場の一つだ。グランド・ビュー・リサーチによると、2018年の世界の市場規模は約1615億ドル(約1兆7400億円)で、25年までに年平均成長率7.9%で成長し、約2758億ドルに達すると予測されている。L.E.K.コンサルティングによると、東南アジアの市場規模は16年に174億ドルで、15~20年に年平均成長率9%で伸びると予測。ベトナムの市場規模は15年に約18億ドルで、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で3番目だったが、15~20年の成長率は一番高い。

 供給業者が大幅増

 ベトナムでは1999年以降、健康食品が輸入されるようになるとともに、国内でも生産されるようになった。2000年のサプライヤー(供給業者)は13社しかなく全てが輸入によるものだったが、17年にはサプライヤーが4000社以上と大幅に増え、国内生産が全体の約60%を占めるまでになった。

 サプライヤー数の増加に伴い、消費者のコミュニティーも拡大していった。全米産業審議会(コンファレンスボード)の「グローバル消費者信頼感インデックス」やニールセンによると、ベトナム人にとって最大の関心事は「雇用機会」や「ワーク・ライフ・バランス」「公共料金」を抑え、「健康」となっている。

 ベトナムの1人当たりの医療費は、1995年にはわずか20ドルと東南アジアで最低だったが、世界銀行によると2016年には約169ドルに達し、インドネシア、フィリピン、ミャンマーを超えている。また、ベトナム機能性食品協会によると、健康食品を利用する消費者は05年には23省の約100万人(人口の1.1%)だったが、10年には63省の約570万人(同6.6%)まで広がった。

 課題は偽造品対策

 19年2月、B&Companyはベトナムの消費者に対し、健康食品に関するオンライン調査を実施。回答者の67%が過去12カ月に健康食品を購入し、そのうち50%が少なくとも1カ月に1回の頻度で購入していた。世帯月収7万5000円以上の45%が、健康食品に平均約2万5000円を費やしていた。健康食品購入者の67%が薬局で購入し、24歳以下はスーパーマーケット、25歳以上は専門店を利用する傾向がみられた。また、日本、米国、韓国の健康食品の人気が高いことが分かった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus