海外情勢

集団免疫には複数ワクチン 米国立衛生研究所長、必要性を示唆

 米国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長は、新型コロナウイルスとの闘いで米国民や諸外国の国民に集団免疫を得させるには、複数のワクチンが必要になる公算が大きいと指摘した。11日にブルームバーグ・ニュースとの電話インタビューで語った。

 コリンズ所長は「私は少々楽観主義者だが、うまく機能するのが一つだけではなく、2、3のワクチンが安全かつ効果的だと試験で判明すると予想している」と説明。「どこが最もうまく機能するかそれぞれ特徴がやや異なり、どのワクチンがどの集団に適しているかマッチングを行う必要が出てくるかもしれない」と指摘した。

 インタビューでコリンズ所長は秋の終わりまでに1億回分、来年1月までに3億回分のワクチンを迅速に生産できる十分な資金があると発言。最前線で働く医療従事者や感染に伴うリスクが高い慢性疾患を抱える人々に最初に投与される可能性が高いとした。特に高齢者の接種がどの程度効果をもたらすかなど「有効性についてわれわれが知り得る結果に左右される部分が大きいだろう」と語った。(ブルームバーグ Riley Griffin)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus