海外情勢

中国が豪産品輸出揺さぶる 規制候補リスト作成、標的広がる可能性

 中国とオーストラリアが新型コロナウイルスの発生源をめぐり対立する中で、中国は豪州産のワインや魚介類、オートミール、果物、乳製品の輸出を標的とする可能性がある。

 関係者によると、中国当局は品質検査やダンピング(不当廉売)調査、関税を強化したり、国営メディアにより消費者に不買運動を促したりする対象となり得る品目の一覧をまとめた。

 豪州は新型コロナの発生源の調査を20カ国・地域(G20)首脳への書簡で働き掛けたほか、野生動物の生鮮市場への国際調査を促し、中国の不興を買っている。

 中国側は最終決定に至っておらず、追加措置は中国の反発に対する豪州の出方次第という。中国は貿易に関する措置と豪州による新型コロナ関連の調査呼び掛けとの関係を公に認めるつもりはないと関係者は話した。

 中国外務省は豪産品一覧への質問に、特定の問題ではないとしながらも、「豪州と中国側が会合を持ち、2国間関係を改善させ、互いの信頼を深め、さまざまな分野の実務協力のため好ましい条件と雰囲気をつくる措置をさらに講じることができるよう望んでいる」などとコメントした。(ブルームバーグ Ainslie Chandler、Steven Yang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus