国内

低金利長期化へ対応要請 新型コロナでIMF

 国際通貨基金(IMF)は22日、新型コロナウイルス感染症への対応に伴い、各国で超低金利の状況が長期化する可能性があるとして、金融機関の健全性確保を求める報告書を公表した。中央銀行が十分な流動性を供給するほか、銀行への収益圧迫を和らげるための金利の階層化や、国内外の銀行統合、適切な競争環境の整備などを挙げた。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus