海外情勢

中国、内モンゴルの太陽光発電建設進む

中国新聞

 中国内モンゴル自治区オルドス市ダラト旗の「ダラト太陽光発電応用先駆基地」で、太陽光発電プロジェクト第2期工事が進められている。

 ダラト旗内のクブチ砂漠にあり、計画建設規模は200万キロワットで、10万ムー(1ムーは約6.67アール)の砂漠を利用する。総投資額は150億元(約2263億円)。第1期工程の50万キロワット事業は既に運用が始まり、全工程が完成すれば年間発電量で40億キロワット時、生産額で15億元超が見込まれる。

 このほか同プロジェクトにより、砂漠の砂の移動を20万ムーに渡ってコントロールできるほか、年間で二酸化炭素(CO2)320万トンおよび粉塵(ふんじん)90万トンの排出を削減できるという。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus