海外情勢

大統領選へ人種問題で応酬

 【ワシントン共同】トランプ米大統領とバイデン前副大統領は2日、白人警官による黒人男性暴行死事件を巡って互いに批判を応酬した。2人は11月の大統領選で対決するのが確実で、争点に急浮上した人種差別問題への取り組みを有権者にアピールしたい思惑だ。

 バイデン氏は国民向けに演説し「この国が長い間苦しんできた人種差別の傷を癒やす」と強調。トランプ氏については「問題の一部であるだけでなく、激化させている」と非難した。

 これに対し、トランプ氏は2日、ツイッターで教育や貧困対策などを挙げ「私の政権は(奴隷解放宣言した)リンカーン(大統領)以来、最も黒人社会に貢献した」と自画自賛。バイデン氏に対しては「政治に40年も関わりながら何もしなかったのに、いまさら答えを知っているふりをしている」と批判した。

 バイデン氏が演説したのは米国の独立宣言が採択された東部ペンシルベニア州フィラデルフィア。「今回の選挙は米国の魂を巡る闘いだ」と訴え、トランプ氏による「恐怖と分断」からの決別と「米国再建」を掲げた。

 全米で広がる抗議デモに対しては「私は耳を傾ける」と対話の重要性を指摘。米社会の仕組みに深く根付く「構造的な人種差別」に取り組む姿勢を示し、トランプ氏との違いを強調した。

 トランプ氏はツイッターで、1日夜から2日未明にかけて抗議デモが沈静化したとの見方を示し「トランプ大統領ありがとう!」と自分に感謝する珍しい投稿もした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus