海外情勢

WHOも中国に不満抱いていた? 新型コロナ情報の遅れや不足で 

 AP通信は2日、新型コロナウイルス感染症が中国で発覚した初期の1月、世界保健機関(WHO)が中国からの情報提供の遅れや不足に不満を抱いていたと報じた。記者会見などでは表向き中国の対応をたたえていたが、中国をなだめることで情報を引き出す狙いがあったとしている。

 WHOが中国寄りだとしてトランプ米大統領は5月29日、WHOからの脱退を宣言。APは「中国とWHOが早く行動していれば多くの命を救えたのは明らかだが、WHOが中国に高圧的になれば情報遮断という悪い事態を招きかねなかった」とする有識者のコメントを伝えた。

 WHOは、検査方法の開発などに役立つウイルスのゲノム(全遺伝情報)を中国当局が1月12日に公開したことを早い対応だと称賛。だがAPによると、5日までに中国政府系の三つの研究機関がゲノムを解読済みで、より早い公開が可能だった。政府内で情報統制があったとしている。

 1月2週目のWHOの内部会議では、人から人に感染するリスクや世界にウイルスが広がる恐れを評価するための情報が中国から提供されていないと不満の声が上がった。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus