国内

横浜港でヒアリ300匹超 中国・黄埔港からのコンテナ

 横浜市は11日、横浜港に陸揚げされたコンテナ内やその周辺で、強毒を持つ南米原産の特定外来生物ヒアリが300匹以上見つかったと発表した。人的被害は確認されていない。市と環境省は、地中に巣などがないか調査を進める。

 市によると、コンテナは5月31日に中国・黄埔港から横浜港・本牧ふ頭に到着した。6月4日に神奈川県小田原市でコンテナを受け取った業者が、内部にアリがいることに気付き、横浜市に通報。ヒアリと分かった。

 見つかったのは働きアリが約300匹、女王アリが約20匹。コンテナが置かれていた本牧ふ頭では働きアリが地中から出入りしており、市職員が付近を殺虫処理した。

 ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされる。4月には茨城県でも確認されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus