海外情勢

中国、力強さ欠く景気回復 5月生産者物価の下落幅3.7%に拡大

 中国生産者物価の下落幅が5月に拡大した。消費者物価の上昇率も鈍化しており、まだインフレ圧力を生み出せるほど景気回復は力強くない。

 国家統計局が10日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.4%上昇。4月は3.3%上昇した。5月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比3.7%低下。4月は3.1%低下だった。

 CPIの主要項目である豚肉価格は5月に約82%上昇と、前月の97%上昇から伸びが鈍った。全体の食品価格は10.6%上昇した。変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は1.1%と、4月と同水準。

 コメルツ銀行の周浩エコノミスト(シンガポール在勤)は「CPIのディスインフレは極めて急速だ」と指摘。この傾向が続いた場合、恐らく7~9月期(第3四半期)末までに「CPIはデフレに転じるだろう」との見方を示した。

 オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の中国担当チーフエコノミスト、楊宇霆氏(香港在勤)は「中国の需給ギャップは引き続きマイナスだ。PPIがプラスに転じるにはもうしばらく時間がかかるだろう」と分析した。(ブルームバーグ Sharon Chen、Miao Han)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus