海外情勢

FRB議長「ウイルス抑制の成否が左右」 米経済は極めて不確実

 米連邦準備制度理事会(FRB)が6月29日に公開したパウエル議長の30日の下院金融委員会での証言の予定稿によると、議長は米経済が数十年ぶりの深刻な縮小から持ち直す中で、新型コロナウイルス感染を抑制する重要性を強調した。

 この中で「われわれは重要な新段階に予想より早く入った」「経済活動の持ち直しは歓迎されるが、それはまた、新たな課題、特にウイルスを抑制し続ける必要性を示す」と指摘した。

 経済活動の再開について楽観的なトーンを示し、2000万人もの米国民が失業したものの、雇用は上向いており支出が増加している点に言及。その上で、「経済の今後の経路は極めて不確実であり、ウイルス抑制の成否に大きく左右される」と述べ、「人々が幅広い活動を再開しても安全と確信するまで、完全な回復の可能性は低い」と付け加えた。

 また、いかなる形の景気刺激策も性急に撤回すべきでないと警告。「今後の道のりは、必要な限りの救済提供と回復支援に向け政府があらゆるレベルで講じた政策措置にも左右されるだろう」と述べた。

 FRBと財務省は共同で自治体や中小企業などさまざまな事業体向け融資の提供を狙った9つの緊急融資制度を導入した。(ブルームバーグ Craig Torres、Rich Miller)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus