海外情勢

FBI長官が中国政府の研究情報窃取を警戒、在米中国人に通報呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は7日、中国政府が自国の研究者や留学生を利用し米国の最新の研究成果などを盗もうとしているとし、在米の中国人に対し、中国当局者から接触があった場合には直ちに通報するよう呼び掛けた。首都ワシントンのシンクタンクでのイベントで語った。

 レイ氏は、中国の情報当局者が身分を隠してソーシャルメディアを使い、米軍の情報担当者に接触を図った例もあると紹介し、FBIが抱えるスパイ防止事案約5千件のうち、中国に関するものが約半数に上っていると明らかにした。

 米国から盗まれた技術が中国で特許登録されることがあるとも指摘。米国民の税金や企業の投資が中国の不当な利益のために使われていることになると批判した。各国が連携し、中国にルールに基づく競争を促すことが必要だと強調した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus