海外情勢

中国外務省が米のWHO脱退を批判「ウイルスとの戦いの努力損なう」 

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は8日の記者会見で、米国が世界保健機関(WHO)の脱退を正式に通知したことについて「米国のやり方は、国際的なウイルスとの戦いの努力を損なう」と批判した。その上で「米国は当然果たすべき国際的な責任と義務を実行すべきだ」と米側に促した。

 趙氏は、新型コロナウイルスの起源を調べるWHOの調査団が今週末に中国入りすることについて、「中国政府はWHOと科学的な協力について同意した」と表明した。調査団の具体的な日程については「今はまだ情報はない」と述べるにとどめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus