海外情勢

「自由な投票最後かも」「怖いが責任果たす」 香港民主派予備選に込めた思い

 【香港=藤本欣也】9月6日の香港立法会(議会)選に向け11、12日に行われた香港民主派の予備選で、61万人の有権者が投票所に足を運んだ。有権者全体では13%程度。親中派は「過大評価すべきでない」と主張する。しかし「香港国家安全維持法」(国安法)への抗議デモに61万人が参加したと考えれば、中国・香港政府も無視できない規模といえる。市民は何を訴えようとしたのか。

 予備選の投票は民主派の議員事務所のほか、民主派を支持する飲食店など約250カ所で行われた。

 投票所で市民に話を聞くと、共通していたのは危機感だ。

 「去年から弾圧が続き、次々に自由が失われている。そのうち、怖がることさえもできなくなるのではないか。今回が自由に投票できる最後になるかもしれない」と語ったのは新界地区の20歳の男子大学生だ。

 「崖っぷちに立たされ、必死にもがいている感じ。国安法はごく一部の人が対象になるだけだと政府は説明するが、信じられるものか」と、九竜地区の30代男性の建築業者も話した。

 ただ、市民ができることは限られている。

 「(香港の憲法である)基本法には、言論、集会、デモの自由があると明記されている。私は基本法で認められた権利を行使するために投票に来た。香港の自由を守るために、やれることをやりたい」とは香港島の49歳の女性会社員。「できることをするしかない。国際社会の支持を得るためにも、まず私たち香港人が声を上げないといけない」と新界地区の35歳の男性教師も語った。

 「どうしても投票したいという(80代の)母親を連れてきた。国安法が怖くても、公民としての責任は果たさないといけない」と、母親と一緒に投票した九竜地区の57歳の男性もいた。

 こうした中、香港政府が市民の投票の権利までも、国安法で規制しようとしたことに対する怒りも少なくなかった。

 「もし投票することが罪になるなら、今ここで整然と並んでいる全員を、そして香港で投票した数十万人全員を逮捕すればいい」。新界地区の39歳の女性は憤っていた。

 「香港は香港人のものであり中国共産党のものではない。それを投票を通じて中国に伝えたい」と新界地区の63歳の男性は語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus