海外情勢

中国復調もV字望めず 4~6月期GDP3.2%増でも前途多難

 中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比3.2%増と2四半期ぶりにプラスに転じ、市場予想(2.4%増)を上回る成長を記録した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続き世界各国が経済立て直しを急ぐ中、中国は四半期ベースでいち早く成長軌道に戻った。ただ、米国との対立が激化する中、エコノミストらは、先行きにはリスクがあり、回復への道筋は平坦(へいたん)ではないと指摘している。

 1~3月期は新型コロナで6.8%減と大幅に落ち込んでいたため、1~6月期も1.6%減とマイナス成長だった。

 国家統計局の劉愛華報道官は同日の記者会見で「中国経済は1~6月期にウイルスがもたらした悪影響を徐々に克服しており、持ち直しのモメンタムが示されている。新型コロナの世界経済への悪影響が続き、対外的な問題に対処する中で、国内の経済回復は圧力にさらされている」と説明した。

 消費者心理は弱含み

 新型コロナへの対応で世界に先行している中国は、1~3月期に感染対策で経済活動を抑制し現時点ではその後の感染再拡大もほぼ押さえ込んでいる。

 ただ、パンデミック以降、景気支援策として減税や手数料引き下げ、融資の金利減免、財政出動拡大など多くの措置が講じられたが、債務増大と財政の安定性への懸念から中国の刺激策は先進国にはるかに及ばない。世界の経済活動が足踏みする中、頼みの外需も期待薄だ。

 同日は他の経済指標も発表された。6月の工業生産は前年同月比4.8%増と市場予想と一致したが、小売売上高は前年同月比1.8%減(市場予想は0.5%増)と振るわなかった。1~6月期の固定資産投資は前年同期比3.1%減(予想は3.3%減)だった。調査ベースの都市部失業率は5.7%に低下した。

 製造業主導で回復が進む一方で、消費者心理が予想以上に弱含んでいることがうかがえる。バンク・オブ・アメリカ(BOA)の大中華圏担当チーフエコノミスト、ヘレン・チャオ氏(香港在勤)は同日ブルームバーグ・テレビで「安心するのは早い。小売売上高の回復が経済の他の部分よりも遅れているのは明らかだ。人々は今も外出や旅行に不安を抱いている。サービス部門は痛みを感じ続けている」と語った。

 今後の回復に向けた向かい風となっているのは、1~3月期の製造業の大幅な落ち込みに起因する失業水準だ。調査ベースの失業率はその衝撃を完全に反映しておらず、パンデミックで数千万人がいまだに失業している可能性がある。

 米からの圧力も逆風

 中国にとってのもう一つの向かい風が、米トランプ政権が中国を孤立させようと圧力を強めていることだ。中国企業や組織の活動を米国内で禁じるだけでなく、他の国にも同様の対応を取るよう求めている。

 こうした中、習近平国家主席は16日、国営新華社通信に、世界の企業経営者らに、より良いビジネス環境を提供することを約束し、中国への投資を呼び掛けるメッセージを掲載した。

 習主席は、国際的な企業の最高経営責任者(CEO)らのグループから寄せられた質問への回答として「われわれは改革と開放の深化に向けた努力を続ける。中国国内にとどまり、発展するというあなた方の判断は正しい選択だ」と強調した。(ブルームバーグ Sharon Chen、Lucille Liu)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus