国内

菅長官「状況を注視」 緊急事態再宣言を否定

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日午前の記者会見で、国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が29日に1千人を超えたことについて「現時点で緊急事態宣言を再び発出して、社会経済活動を縮小させる状況にはない」と述べた。

 菅氏は、新規感染者の増加が続く一方、60歳以上の感染者が少なく、重症者が少ないことなどを挙げ、「4月の緊急事態宣言当時とは状況が異なる」と指摘。「状況を注視をし、感染防止対策を講じながら社会経済活動と両立を図っていく」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus