海外情勢

ロシア、コロナワクチン「世界初」承認 安全性に懸念も

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア政府は11日、露研究機関が開発した新型コロナウイルスのワクチンを世界で初めて承認した。ワクチン供給元によると、10月にも一般市民の大量接種が可能になるとしている。

 同日開かれたワクチンに関する政府会合では、ムラシコ保健相が「臨床試験で高い効果が確認された」と報告。効果は2年間継続するとした。プーチン大統領も「私の娘の一人が接種し全て順調だった」と述べ、早期の大量生産に期待を示した。ワクチンは当初、医療従事者や教員に優先的に接種する方針。

 ただ、ロシアは他国が行う臨床試験最後の3段階目を省略して承認した。露医療団体は「試験数が不十分で、国民にリスクとなる」と承認延期を求めていた。ロシアが承認を急いだ背景には、世界の医薬市場で主導権を握る狙いがあるとの見方も出ている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus