国内

若手官僚ユーチューバーに 農水省、楽しく魅力発信 架空キャラが広報担当

 農林水産省は、動画投稿サイト「ユーチューブ」や架空キャラクターのバーチャルユーチューバー(Vチューバー)を活用し、「霞が関初」という取り組みで農林水産業の魅力発信に力を入れている。20~30代が中心の若手官僚自らがユーチューバーとして動画を制作し、水産庁ではVチューバーを広報担当に“任命”。ユーモアたっぷりで楽しめる内容だ。

 農水省は、中央官庁では初めての試みとして公式チャンネル「BUZZMAFF(ばずまふ)」を今年1月に開設。これまでに220本の動画をアップし、チャンネル登録者数は約5万2千人に上る(8月19日時点)。「ばずまふ」は、インターネット上で話題になり、流行することを意味する「バズる」と、農水省の英語略称「マフ」を組み合わせた造語。江藤拓農相が名誉編集長を務め、本省や地方農政局の職員でつくる15チームが制作し、投稿している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus