国内

自民若手、総裁選めぐり党員投票求める署名提出へ

 自民党の若手議員有志が安倍晋三首相の辞意表明に伴う総裁選の形式をめぐり、党員・党友らの直接投票を求める署名活動を始めることが29日、分かった。所属議員に賛同を呼び掛け、新総裁の選出方法が正式決定する来月1日の党総務会までに党幹部に署名を提出する。

 党則は総裁が任期途中に辞任した場合は、両院議員総会での総裁選出を認めている。選挙人は国会議員と都道府県連の代表3人で、通常の総裁選に比べて選出期間が短縮されるが、党員の意向は反映されにくい。

 発起人の村井英樹衆院議員は「広く党員の声を受け止めた上でリーダーを選ぶべきで、党員投票が行われることが望ましい」と産経新聞の取材に語った。

 小林史明青年局長も28日付のブログに「国民と協力して国難を乗り切って行くためのリーダー選びとなる。党員投票をともなった総裁選を実施すべき」と書き込んだ。

 一方、総裁選の在り方を一任された二階俊博幹事長は、28日の番組収録で「状況によって緊急の手段を講じていく」と述べ、党員投票を省略した両院議員総会での選出もあり得るとの見方を示している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus