海外情勢

水素発電は天然ガスの代わりになるか 米で施設建設、三菱パワーが受注

 米国のニューヨークとバージニア、オハイオの3州で計画されている3発電所は、発電燃料として水素が天然ガスの代わりとなり得るかを占う試金石となりそうだ。

 発電事業者のダンスカンマー・エナジーとバリコ、エンバークリアはこれら施設の建設で三菱パワーの米国部門に30億ドル(約3180億円)余りを支払う。3施設の発電能力は合わせて3284メガワット(328万4000キロワット)となる。当初は天然ガスのみによる発電となるが、現地で製造・貯蔵されるグリーン水素に最終的には置き換わる。

 三菱パワー・アメリカズのポール・ブラウニング最高経営責任者(CEO)は、生産が増えるにつれ水素利用をより容易に増やせる仕組みだと説明した。

 グリーン水素は燃料および原料の源として天然ガスに依存している工業部門の炭素排出をなくす上での鍵とみられている。風力発電や太陽光発電など再生可能エネルギーを使った水の電気分解から取り出した水素を活用する。

 三菱パワーは3月、ユタ州で再エネ由来の水素を利用する発電事業向けに水素だきJAC形設備を初めて受注したと発表。事業規模は19億ドルで、建設される発電設備はロサンゼルス水道電力局が運営する。

 ダンスカンマーのウィリアム・リードCEOは発表資料で、ニューヨーク州ニューバーグに600メガワット級のプラントを建設するプロジェクトは、同州が気候変動に関する目標を達成するのに寄与すると指摘した。バージニア州に建設されるバリコの施設の発電能力は1600メガワット、エンバークリアのオハイオ州の施設は1084メガワットとなる。これらは2023年から25年の間に稼働する見込み。(ブルームバーグ Naureen Malik)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus