国内

新「国民民主党」15人参加し設立大会 幹事長に榛葉氏、政調・舟山氏

 解散した旧国民民主党の所属議員のうち、立憲民主党との合流に参加しなかった議員でつくる新「国民民主党」の設立大会が15日、都内で開かれた。衆院7人、参院8人の計15人が参加。代表に正式に選出された玉木雄一郎代表は「野党でも何かをしないために力を注ぐのではなく、何かをするために力を注がなければ国民の共感は得られない」と述べ、政策提案型の党運営を進める考えを強調した。

 玉木氏は「自らに誇りが持てる、暮らす地域に誇りが持てる、日本という国家に誇りが持てるための政策を掲げていく」と語り、グローバリズムの是正や安全保障などの議論を深めていく考えを表明した。

 また「憲法審査会の審議を拒否することはしない」と語り、党としての憲法改正草案を提起したい考えも明らかにした。

 玉木氏の任期は今年末まで。年内に改めて党員や地方議員も参加する代表選を実施する。

 大会では役員人事も承認された。幹事長に榛葉賀津也(しんば・かづや)、政調会長に舟山康江の両参院議員が、国対委員長に古川元久、選対委員長に岸本周平の両衆院議員が就く。前原誠司衆院議員、大塚耕平参院議員はそれぞれ代表代行に就任。憲法調査会長には山尾志桜里衆院議員を起用した。また、旧国民をそのまま踏襲した綱領、規約も承認された。

 連合からは相原康伸事務局長が来賓として出席し、「連合にとって国民民主党の歩みは大変重要な歩みだ。ともに歩ませていただくことができれば大変ありがたい」と述べた。

 新国民には、連合傘下の産業別労働組合(産別)の組織内議員4人が参加。この経緯をめぐり、合流を後押ししてきた神津里季生(りきお)会長が名指しで玉木氏を非難するなど、連合との関係が危ぶまれていた。同日に開かれた新立民の結党大会には神津氏が出席している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus