国内

公取委委員長に古谷氏 前内閣官房副長官補

 政府は16日、公正取引委員会の委員長に前内閣官房副長官補の古谷一之氏(65)を任命した。任期は2023年3月4日まで。今月12日に定年で退任した杉本和行氏(70)の残り任期を引き継ぐ。談合やカルテル摘発、経済のデジタル化に伴う競争環境の整備などを指揮する。

 古谷氏は旧大蔵省出身で国税庁長官などを歴任した。13年4月から20年6月まで内閣官房副長官補を務め、内政分野を担当し、令和改元の実務も担った。

 杉本氏は13年に就任。約7年半にわたる在任期間中、巨大IT企業に対する監視や芸能人の契約問題、24時間営業を含めたコンビニ加盟店の実態調査などに取り組んだ。

【プロフィル】古谷一之氏

 ふるや・かずゆき 東大卒。1978年大蔵省(現財務省)。主税局長、国税庁長官などを経て2013年4月から20年6月まで内閣官房副長官補。65歳。長崎県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus