海外情勢

ヘッジファンド“企画倒れ” 昨年披露アイデアがコロナで大半失敗

 ヘッジファンドの年次会議、ソーン・インベストメント・カンファレンスで運用者らが昨年披露したアイデアの大半は、新型コロナウイルスが市場を急襲したことで失敗に終わった。

 王通書氏が率いるWTアセット・マネジメントは数少ない例外で、中国の電子商取引(EC)プラットフォームの●多多(ピンデュオデュオ)への投資が新型コロナ下でのオンラインショッピング活発化で恩恵を受けた。

 一方、ラジェシュ・サクデバ氏のフラワリング・ツリー・インベストメント・マネジメントとイーシュナー・クリシュナン氏のタイボーン・キャピタル・マネジメントはインドの銀行に賭けていたが、不良債権引当金の急増と利益低迷に見舞われた。

 そのほか、オアシス・マネジメントのセス・フィッシャー氏は日本の業務用厨房(ちゅうぼう)機器メーカーのホシザキに狙いを定め52%以上の値上がりを予想したが、2月前半までの33%上昇の大半は新型コロナ襲来で消えた。

 ヨーク・キャピタル・マネジメントは日本の石油精製大手、JXTGホールディングス(現ENEOSホールディングス)が70%以上値上がりすると見込んだが、新型コロナによる輸送需要急減で実際は昨年の同会議以降に23%下落。アジア・リサーチ・アンド・キャピタル・マネジメントは同業の出光興産を有望視し50%超の上昇を見込んだが、25%下落に終わった。(ブルームバーグ Bei Hu、David Ramli)

●=てへんに并

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus