国内

ゆうちょ銀の対応遅れ指摘 麻生金融相と武田総務相

 麻生太郎金融担当相は25日の記者会見で、ゆうちょ銀行の貯金不正引き出し問題について「(ゆうちょ銀が不正に)気が付くのが少々遅かったという気がしないでもない」と述べ、対応が後手に回ったと指摘した。全額補償や、被害拡大と再発の防止に取り組むよう求めた。武田良太総務相も同日の記者会見で「公表の遅れを反省しなければならない」とした。

 加藤勝信官房長官は「対応が後手に回ったとの指摘も踏まえ金融庁、総務省でモニタリングしていく」と表明。武田氏は「銀行業務にとって一番重要な信頼を根底から揺るがしかねない事態だ」として、具体的対策を立てるよう要請した。

 三井住友信託銀行とみずほ信託銀行の議決権誤集計に関し、麻生氏は「企業統治の基礎となるものだ。取り組み状況について引き続きフォローアップする」とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus