国内

政府、コロナ予備費から5492億円の支出を閣議決定

 政府は16日、新型コロナウイルス対策の予備費から5492億円を追加支出することを閣議決定した。企業が支払った休業手当の一部を国が補う「雇用調整助成金」の上限を引き上げる特例措置で、期限延長の財源に4391億円を使用する。

 企業のサプライチェーン(調達・供給網)強化のため国内の生産拠点整備を促す補助金に860億円、地域を支える農林漁業者を支援する「経営継続補助金」に241億円を充てる。

 政府は令和2年度第1次、第2次補正予算に新型コロナ対策名目で計11兆5千億円の予備費を盛り込んだ。これまでも中小企業などを支援する「持続化給付金」事業への追加支出などで活用しており、今回の支出決定で残りは7兆2779億円となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus