国内

福島市長が第1原発処理水の海洋放出「全国で負担を」

 東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出する方針を政府が固めたのを受け、福島市の木幡浩市長は22日の定例記者会見で「福島県以外の場所で放出する議論が徹底的に不足している」と述べ「福島第1原発の発電で受益のあった東電管内をはじめ、全国で負担を分かち合うのが大事だ」と訴えた。

 木幡市長は、福島県で放出を始めることについて「福島には風評被害をはじめ多くの負担がのしかかってきた」と批判。その上で、大阪湾での放出の可能性に言及した大阪府の吉村洋文知事に「被災地に寄り添った発言で、敬意を表したい」と語った。

 処理水の県外への運搬は技術的な観点などから実現性が低いとされている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus